ホーム » 選挙出口調査

選挙出口調査

選挙出口調査とは

選挙出口調査とは、選挙結果を予測するため、投票所の出口で、投票した人に直接投票行動を尋ねて調べることです。

弊社マーケッティング・サービスでは、1995年から国政選挙(衆議院議員選挙、参議院議員選挙)の出口調査を毎回実施しております。

また、有権者の注目度の高い地方選挙、知事選挙の出口調査も実施しております。

衆議院選挙出口調査の事例

ここでは、2005年9月11日実施に実施した「第44回衆議院議員選挙」の事例をご紹介します。

調査規模
全国300小選挙区全て
各選挙区毎に24投票所で調査実施
合計7200投票所で調査実施(調査員約5000名、管理要員約700名)
調査数約30万サンプル

サンプリング〜確率比例層化2段無作為抽出

お気軽にお問い合わせください。資料請求・お問い合わせはこちらから